プロフィール

鹿毛といいます!

自画像 斜

地元の大学を卒業後、雑貨等の総合商社に就職。


メーカーとの商品仕入の商談や営業を経験しました。


商品が作られ、ユーザーの手元に届くまでの流れの中で 人がどのように介入しているのか、 人がどのような心理で動いているのか、物を購入するのかなど 経験することができました。


特に営業時代は結果を求められるな
かで、毎日精神的に 瀕死状態でしたが、元来大雑把な私は 「営業・売上・人の心は細部に宿る」 ということを学びました。


このときの経験、学びは、特に30代になって厚みを増してプラスになっています。


25歳の時に、以前から興味を持っていた健康分野の仕事をしたいと 一念発起し、会社を退職。(同時に結婚)


知り合いのつてでカイロプラクティックの先生を紹介してもらい 教えをこうことになりました。 岡山在住の先生だったので、月に最低1度はそちらに出向き修業 させていただきました。


その後、とある縁で医療機関のリハビリ部に所属することになり、 そこでは、1日100から150人の患者さんを4〜5人体勢で見ていました。 医療資格を当時持っていなかったので今考えると、とても運がよかった と思います。


2、3年経ったころ、臨床で限界を感じるようになりました。 根底には基礎医学の知識不足だと自分では解釈しました。


直後、勤務先近くの柔道整復師養成学校の夜間部に通う決心をし、 入学しました。その時が30歳でしたでしょうか。


入学後、基礎医学を徹底的に学ぶことで、それまでの自身の治療成果の根拠をロジカルに解釈することができ基礎医学を重要視することへの確信を持ちました。


そして、家族をはじめとして、勤務先の方などに多大なる協力 理解を得ながら合格することができました。


その後2年間を加え計8年間、同院リハビリ部で勤務(修業) させて頂きました。


新潟 退職後、すぐに冬の3ヶ月間、新潟のゲレンデ接骨院に 超急性期外傷患者の対応を経験するために院長として 1人で修業に行きました。

その後、福岡に戻り、自身の院を開きたい気持ちが高まってきたので 開院の準備をしながら知り合いの整骨院に勤務させていただきました。


そして、晴れて開院をすることになり今日に至ります。


当院は無理、無駄な施術は致しません。 全て身体の不調を改善するための意味のあることを行っていきます。 そのための説明も抜くことはありません。


筑後市をはじめとして、身体の不調にお困りの方が、少しでも早く 健康で生き生きとした日常を送っていただくように日々、奮闘しています。


気を張らずにお気軽にご相談していただければと思います。